『チャンピオンズ』

チャンピオンズ

もう一度栄光をつかみたい人に『チャンピオンズ』

チャンピオンズ | Movie Walker

奇跡の実話をもとにしたノンフィクション映画『チャンピオンズ』。感動的なストーリーは、たとえ競馬ファンでなくても心を掴まれてしまうでしょう。まだまだ人生を諦めたくない中高年なら、きっと元気をもらえるはずです。

<『チャンピオンズ』あらすじ>
主人公の1人であるボブ・チャンピオンはイギリスのベテラン競馬騎手で、イギリス最大の障害レースであるグランドナショナルに優勝することを念願として日夜励んでいた。  それも、ただレースに勝つというのではなく、名馬アルダニティとのコンビでの制覇を目指して。
ケンタッキーに来ていたある日、ボブは病に倒れる。余命宣告を受けるほど重篤ながんだった。副作用に苦しむ闘病生活を送る中、若くてかわいい女性ジョーが見舞いにやって来る。彼女も競馬関係者だった。
ジョーの出現で少しは明るい気分にもなったボブは、アルダニティの活躍を見るべく競馬場へ足を運ぶボブ。だが、その目の前でアルダニティは故障発生してしまう。
多いなる夢を前にして1人と1頭のチャンピオンが絶望の淵へと追い込まれてしまった。余命宣告を受けた自分と、走れなくなった馬。 しかし、運命は思いもかけない方向へと動いて行った…。

<作品の背景となったイギリス競馬界>
洋式競馬の発祥の地であるイギリスでは、競馬は貴族のスポーツであり格式の高い遊びです。日本の競馬との一番の違いは、平地競走よりも障害競走の方が高い人気ということでしょうか。
チャンピオンズの舞台となっているのはエイントリー競馬場で行われているグランドナショナルで、レース自体の格付けはG3であり、その意味ではそんなに大きなものではありません。 しかし、最高峰のG1レース「エプソムダービー」よりも人気があるといわれています。あの英国首相ウィンストン・チャーチルに「ダービー馬のオーナーになることは、一国の宰相になるよりも難しい」といわしめたダービーよりも人気のレースです。 そのグランドナショナルを目指すこの物語は実話をもとに製作されており、それだけに説得力があり心に響くものがあります。

<レースの臨場感と恋愛模様のバランスが絶妙>
グランドナショナルのレース映像は一部に実際のレースのものを使用しています。このレースは、日本最長距離である中山グランドジャンプの4250mよりもはるかに長い約7200mで争われる過酷な戦い。
出走頭数も日本版グランドナショナルともいわれる中山大障害・春の後継レースである中山GJが最大16頭のところ、グランドナショナルは40頭。 毎年、平気で30頭を超える馬が走ります。当然、スターティングゲートなんか使えません。完全な肉弾戦模様です。落馬がある云々ではなく、完走しないのが当たり前というこの迫力は半端ではありません。
その一方で、ボブとジョーの恋愛が深まっていく情景が情感豊かに描かれています。ただの色恋ではなく、苦難な道を進む者の思いや手を取り合って闘う状況が見ている者の心をつかみます。

<もう一度頑張ろう!>
本作を見終わった後には、きっと自分ももう一度頑張ろう!という気持ちがわいてくるはずです。明日からの仕事に気合いが入る人も多いことでしょう。また、恋愛に対しても気持ちが前向きになるに違いありません。
しかし、気持ちだけが前を向いていても、下半身に元気がなくては素敵な恋をつかむことはできません。なんだかんだと言って男女関係は肌と肌とのコミュニケーションが重要ですからね。それなのに、最近では中高年だけでなく、若者にもEDといった症状を持つ人が多いようです。
こうした症状を改善するのであれば、バイアグラという勃起治療薬が最適です。専門のクリニックへ行けば、簡単に処方をしてもらえます。『チャンピオンズ』で心を元気に!そして、バイアグラで下半身を元気にしましょう!
ド迫力のレース映像とラブストーリーのバランスのよさが、本筋である1人と1頭のチャンピオンズがグランドナショナル制覇を夢見て進むストーリーに命を吹き込んでいるのです。夢よ、もう一度という時期に入る30代から味わう映画です。

TO TOP