『息もできない』

息もできない

心に痛い暴力『息もできない』

息もできない | Movie Walker

『息もできない』は2008年の韓国映画です。暴力的な映画が多い韓国映画ですが、この作品も多分に漏れずバイオレンスをテーマに扱っています。しかし、他の作品と異なるのは、この映画が「暴力」を否定的に捉えているところでしょう。見る者に一種の不快感を与えて、「暴力のない社会を作りたい」と考えさせる不思議なパワーを秘めています。

<『息もできない』…あらすじ>
主人公のキム・サンフン(ヤン・イクチュン)は、暴力的な借金取り。金を借りた相手だけでなく、気に食わないことがあると、警官にまで暴力を振るう。そんなサンフンはある日、ヨニ(キム・コッピ)という女子高生と知り合い、暴力と口論をきっかけに、不思議に仲良くなる。実は2人は、父親を憎悪し、幼い頃に母親を失くしている似た者同士だった。絆を深めていく2人。しかしある日ヨニの兄がサンフンの子分になったことで、運命は大きく狂っていく…。 <ここが日本で良かった…>
『息もできない』では、全編を通して激しいバイオレンスが描かれます。特に恐ろしいのが、狭苦しい台所で、ヨニの兄が妹に振るう家庭内暴力。生活も極限状態にあるのに、その上に親族からの暴力が加わり、ヨニの精神状態は壊滅寸前まで追い込まれます。

作品のラストは、まるで無反省に暴力を続ける兄を、ヨニが遠目に眺めるというシーンで締められます。世界から暴力がなくなることはない、とでも言うようで、背筋が震えてしまいます。エンドロールまで見届けて外に出れば、日本は何て平和な国なんだろう、と力が抜けることでしょう。何気ない日常のありがたみを教えてくれる映画とも言えそうです。


<忘れられないハングル>
韓国語と言えば、「アンニョンハセヨ」程度しかご存じでない人がほとんどでしょう。しかしこの『息もできない』を見た後では、主人公の口癖、「シバラマ」を必ず覚えてしまっているはず。実は「シバラマ」とは、英語のFワードとほとんど同じ意味です。決して気に入らない上司などに説教を受けているときに、「シバラマ」などと呟いてはいけませんよ。

この作品で韓国映画の独自の存在感に魅了されたら、『母なる証明』や『アジョシ』などの作品もチェックしてみましょう。いずれも流血が多い映画なので、心臓の弱い方にはおすすめできませんが、やはり優れた作品です。

TO TOP