『一番美しく』

一番美しく

「一番美しく」は黒澤明監督による1944年の作品です。太平洋戦争中に制作・公開されました。戦争中の軍需工場で働く女子工員の話です。国のために一生懸命働く健気な少女たちが描かれています。後に黒澤明と結婚する矢口陽子が、渡辺ツル役として主役を務めています。

内容の面白さというより、戦時中の日本で公開されていた映画という点でおすすめです。このような戦争を一切否定しない内容でないと、検閲を通れなかったんだということがわかります。


<『一番美しく』あらすじ>
東亜工学平塚製作所では戦時非常態勢により、男子工員は通常の2倍、女子工員は1.5倍の生産数値目標が出されました。ですが、女子工員たちはせめて男子工員の2/3を達成目標にして欲しいと懇願します。

組長の渡辺ツルを筆頭に女子工員たちは懸命に生産し続けます。はじめは順調に進んでいき、目標をクリアできると思われたのですが、病気や怪我、疲労により、次第に数字は落ちていきます。疲労のためか、仲違いする人も増えました。そんなとき、渡辺ツルは未検査のレンズを検品済みにしてしまいます。責任を感じた彼女は、一人でレンズの検査をすることにします。


<実際に入寮した女優達>
はじめ、黒澤監督はゼロ戦を使った活劇を製作する予定でしたが、当時の日本は物資がひっ迫していて、映画に兵器を貸し出す余裕はありませんでした。代わりに、軍需工場で働く女子工員たちの日々をセミドキュメンタリーで描いた作品が製作されることになりました。

この映画に出てくる21人の女優は、実際に二か月もの間、軍需工場の寮に入ります。女優たちは実際に生産に関わり、工員同様の生活をしました。昼休みにはバレーボールまでしました。その様子を、セミドキュメンタリー的な形で撮影したのがこの映画です。黒澤監督自身も、女優やスタッフと一緒に工場で寝食を共にしました。そのためか、映画には本当の女子工員たちを見ているようなリアリティがあります。


<プロパガンダ映画>
「一番美しく」は、1944年、戦争中に公開された映画です。当時の映画は必ず戦意高揚を促すような作品でなければなりませんでした。この作品にも、現代だったらテーマに入りそうな、戦争に対する疑問といったような表現はありません。兵器の部品を製造する軍需工場で、登場人物たちは、自ら生産目標を上げるように上司に頼み、達成できるように懸命に努力します。それをおかしいという人は、誰も出てきません。今だったら考えられないシーンです。

現代のスポーツをテーマにした作品と話の流れは似ていますが、彼女たちが作っているのは、戦争に使う兵器の元となるものです。一人一人の努力する姿は純粋ですが、一心に国に貢献する姿は危険なようにも映ります。

規制の中で作られた作品のため、黒澤明は伝えたいことをストレートにこの映画に入れられなかったはずです。けれど、縛りがある中で黒澤明は、女子工員として働く少女たちの奮闘を爽やかに描いています。

現在、戦争中のプロパガンダ映画を観ることができる機会なんて滅多にないのではないと思います。この映画を見れば、戦時中、政府が国民にどのような態度を求めていたか知ることができます。公開された時代を考えてみてみると、おもしろいかもしれません。

TO TOP