『博士の愛した数式』

博士の愛した数式

数字を通してみる人生がそこにある『博士の愛した数式』

博士の愛した数式 | Movie Walker

数学が苦手なあなたでも、何だか数字が好きになってしまう『博士の愛した数式』。数学についての知識が増えるだけでなく、深い感動が本作にはあります。

<『博士の愛した数式』あらすじ>
寺尾聰が演じる数学者「博士」は交通事故により発生した脳の損傷の後遺症で、新しい記憶が80分しか持たない。この博士のもとへ博士の兄嫁の依頼で家政婦としてやってきたのが深津絵里演じる「私」だった。
数年間で担当者が9人も変わったというように、記憶が持たない博士の世話は大変だったが、博士が教えてくれる数学の話は私にとって新鮮なものだった。やがて、10歳の子供に一人で留守番させるのはよくないという博士の配慮で私の息子「ルート」も学校帰りに博士宅に合流するようになる。
そこから3人で心温まる時間を過ごすようになったのだが…。

<数学が苦手な人にもやさしく解説>
この映画は、随所に数学の話が出てきます。というより、新規の記憶が80分しか持たない博士にとっては、専門分野である数学がほとんどすべてのようなものですから当然ですね。 それでは、数学が苦手な人間には合わない映画かといえば、けっしてそんなことはありません。
たとえば、私の靴のサイズである24という数字が4の階乗だというシーンがあります。ここで階乗の意味がわからなくても、肝心なのは24という数字が数学者である博士にとって潔く意味のあるものだという点だからです。もっとも、その場で「私」が質問して、博士が説明してくれますが。
この映画は、ストーリーから離れても、楽しい数学教室として見ることができる作品でもあります。全編を通じて、友愛数や素数など数字と数式が持つ知られざる魅力を伝えられる点からもいえることです。

<観客の心をつかむ演出がしっかりしている>
博士が登場してすぐに目に飛び込んでくるのが、博士が着る洋服の数ヶ所にクリップで留めてあるメモです。記憶時間80分のハンデを補うための工夫ですが、この演出がまず観客の心をつかみます。
また、小道具として使われる野球選手のカードも多くの日本人の心をつかむのに有効なアイテムでしょう。

<平穏な時間の中に訪れる波乱が物語を盛り上げる>
素朴でやさしい雰囲気を出して好演する深津絵里と、穏やかな紳士然とした役がはまる寺尾聰。そして、子役の斉藤隆成が作り出す平穏で豊かな時間が流れる中で、博士の体調不良をきっかけに博士宅での勤務を外されるという波乱が生じます。その背景には兄嫁と博士の過去が。
この問題が解決した時、前にも増して幸せな時間が訪れる。この場面展開は特に目を離せない時間帯です。そして、ラストシーンへ向かいます。このあと博士がどうなったのか、それは本作では触れられていません。
映画内のナビゲーター役を務めた吉岡秀隆演じる数学教員のルートが黒板に書いた「時は流れず」がすべての答えになっているかのように。
この映画は感性豊かな若いうちに見てみることをおすすめします。

TO TOP